どうやらProce55ingがすごいらしい


インターネットで研究に使えそうな技術なんかを調べていたら、Processing(Proce55ingとも書く)という開発言語をよく目にした。
どうやらJavaベースで電子アートとビジュアルデザインのための言語らしいのでビジュアル表現にとても強く、コンパイル作業不要なので開発がとても楽で、さらにはWin.Mac.LinuxのOSに対応しているという割と新しい開発言語らしい。
色んな動画やらみてたら開発画面がめっちゃ単純で言語も単純明解。
すごく楽そう
こんな動画がありました。

こんなビジュアル表現が手軽にできるなんてステキ
他の方が作ってる動画も色々見てたら、Processingと他の色んなライブラリを組み合わせている方がいました。
例えば「Bullet」という物理エンジンなのですが、3Dのオブジェクトをぶつけたり転がしたりしたときの実際の動きをシミュレートできるもの。
Bullet自体もJavaベースでなので、Processingでも簡単に使えるようです。
物理演算は見てるだけで楽しいので、研究とは関係あっても無くても物理演算を使った何か作ってみたいですね。
そして「ARToolkit」。
これは拡張現実感と言って現実の映像にリアルタイムで3Dを合成するというものですが、元はC言語なのでそのままでは使用できませんが、さすがProcesseing。注目されているだけあってもう作られてますねぇProcessing用ARToolkit
NyARToolkit
ここで公開されています。ほかにもJava、C#、C++などでARToolkitを動かせるようにされてるみたいですごい方ですね。尊敬します。
これだけでProcessingにはARToolkitもBulletもそろっちゃったので、現実世界で物体をグチャグチャできるわけですね
あと欲しいのはWiiリモコンを使えるようにするライブラリのみ・・・・・・ジュルッ
こんなすばらしい言語使わないわけにいかないって事でインストールは終わらせましたが、時間無くてまだ触ってません。
またためしに何か作れたらUPしますね


//追記
なんとWiiリモコン用のライブラリありました!
使ってみましたが、加速度センサなどは上手く動くのですが、赤外線カメラが使えない!?
使い方が分からないだけかもしれませんが、結構探しても赤外線カメラの部分だけありません・・・
これは使えないということなのかーーーーーー!

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>