【AIR for iOS】アプリの最低動作OSバージョンを設定する【AIR for Android】

by Teruaki Tsubokura 0 Comments

AIR for iOS/Androidでアプリを作成していて、最低動作OSバージョンの指定をしなければいけない事が出てきたので備忘録としてまとめておきます。
※AIR for iOS/Android共に、アプリケーション記述ファイル(AppName-app.xml)の中で設定します。

■iPhoneの場合
<infoAdditions>タグの中にMinimumOSVersionパラメータを設定。

例)iOS5以上


<iPhone>
<InfoAdditions><![CDATA[

・・・

<key>MinimumOSVersion</key>
<string>5.0</string>

・・・

]]></InfoAdditions>
<requestedDisplayResolution>high</requestedDisplayResolution>
</iPhone>

■Androidの場合
<manifest>タグの中でminSdkVersionにAPIナンバーを設定。

ちなみに
API8・・・Android2.2
API10・・・Android2.3
API11・・・Android3.0

例)Android2.3以上


<android>
<colorDepth>16bit</colorDepth>
<manifestAdditions><![CDATA[
<manifest android:installLocation="auto">

・・・

<uses-sdk android:minSdkVersion="10" android:targetSdkVersion="10"/>

・・・

</manifest>
]]></manifestAdditions>
</android>

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>